住宅ローン審査が必要なの?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、ローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。
ただし、フラット35sは、固定金利のみになりますので、変動金利で組みたい方は利用することが出来ません。
今後、住宅ローンフラット35sを利用する予定のある方、利用中の方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。
審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。
そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。
その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。
長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
その理由として考えられる原因はいくつかあります。
貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。
どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。
何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。