ウォーターサーバーの節電方法は?

ウォーターサーバーは電気を使って冷水や温水を出すので、当然ですが電気を消費します。
月額の電気料金はおおよそ1.
000円程度で、冷水と温水の消費電力の割合は1:4程度です。
ですから、ウォーターサーバーにおかかる電気代を節約しようと思ったら、冷水よりも温水の対策を講じた方が効果があるわけです。
そこで、ウォーターサーバーメーカー各社はいろいろなプランで節電対策をしています。
フレシャスやアクウィッシュなどは光センサーを搭載していて部屋が暗くなったらお湯の設定温度を下げて節電するというシステムです。
これにより電気代が25%〜30%程度節約されます。
更に上を行くのが、アクアクララのアクアアドバンスです。
アクアアドバンスは二つの異なった時間帯に対して省エネモードが設定できるのです。
これにより、電気代が1/3までカットできると公表されています。